2019年2月5日火曜日

190203 野登ヶ峰 スノーシュ

会社のスキーツアーの翌日は登山である。
再び雨乞いを目指そうとチャリを積んで出かけたが
鈴鹿スカイラインのゲートまで来たが雪の多さを見て
こりゃだめだ自転車は使えん。で先週に引き続き野登ヶ峰へ
登る。 ゆきは随分減っていて途中まではスノーシュも無しで
登ることができた。山頂を過ぎて鹿の楽園まで行って
お昼を食べて下山した。

2018年11月26日月曜日

181123-25 紀伊半島の山々へ

この3連休は 南の山へと向かう

11月23日→
11月24日→光ヶ峰~烏帽子山
11月25日→法師山

大した距離ではないのに南紀の山々はとても遠くて
人も少なく遥かな山に出かけた気がした。

2018年10月22日月曜日

181021 青川峡・大鉢山~遠足尾根~孫太尾根













久しぶりに快晴の山歩を 18kmほど歩いた。
山はやはり晴れてナンボだ。


2018年10月9日火曜日

181008 御嶽山頂上へ

噴火後長らく登山禁止だった御嶽山頂上が先日ようやく解禁されたと聞いて 久し振りに登りに行ってきました。

天候不調の3連休の最後の好天気の最終日とあって現地についてみると
中の湯の駐車場からあふれまくった車で一杯。
いろいろあって出発も7時半と遅くなったが、登れば人人人で
富士山の渋滞状態が山頂まで続きました。
これだけ多くの人が解禁を待ちわびていたんですね。

2018年8月29日水曜日

180811-16 南アルプス 茶臼~千枚 縦走

2018/8/11-16
【南アルプス 茶臼~千枚 縦走】

近年はよく通っている南アルプス。未踏だった
南嶺北部、南部も既に歩いたので
今年の夏は久しぶりに一般路のロング山行とした。
いささか不安定な天気で毎日午前11時になると
決まったように雨が振り出す日々で午後はテントで沈殿ぎみでしたが、歩いているときはほぼカッパ不要で時折開ける南部の山並みが新鮮でした。

ーーーーーーーーーーーーーーー

備忘録
・横窪沢小屋
 小屋は平屋だが明るい食堂スペースがあり小綺麗だった。
 テント場は広くて開放的。 テント場の下に共同のトイレが
 あるがとても清潔だった。水場も流しがあり快適だった。
 山の展望はないがとても過ごしやすいところだ。

・茶臼小屋まで
 急登をひたすら登る。最後トラバース気味に歩くと茶臼小屋は
 近い。小屋の横から上部にかけてテント場が広がる。
 小屋奥のトイレまでの間に水場があった。


・上河内岳まで
 ガスの中茶臼を往復してから上河内を目指す。いつもの平地に
 亀甲状土を探したがなぜか見当たらなかった。消失したか?
 緩い坂をぐっと登ると上河内岳の分岐に到着。相変わらずガスな
 のだがここはやはり登っておくべしとピストン。
 降りてきたと同時に雨が降り出し慌ててカッパを着た。


・聖平まで
 雨と競争しながら降りていった。最後は雷が鳴りだし小屋についたら猛烈な雨となった。小屋の庇で雨宿りしながらテント場で水はけの良いとこを観察。雨上がりと同時に速攻でテントを設営した。
テント場から少し歩いたところに共同のトイレがあるがここも綺麗なトイレだった。

・聖岳まで



かつて何度も通った聖岳。テントを担いでいても体は快調であっというまに前聖を通過してそこから例の急坂をグイグイと登ると
聖岳に到着。久しぶりに望む赤石の山並みをみてこれからの登高意欲が高まった。奥聖はガスガスのため今回はパスとした。

・兎岳、百間洞まで
聖からは急な坂をグングンと降りたあとまたグイッと登り返す。
途中で兎岳の避難小屋がある。以前と変わらずボロボロの小屋で
トイレも閉鎖されていたが内壁が張り直されていたので避難小屋として使うにはこぎれいで十分だ。


小屋から少し登ると兎だけだがちょうど百間からくる人達で一杯だったのそのままパスして小兎にむかいそこでお寿司を食べた。小兎からは中盛丸山、大沢岳と顕著なピークがモコモコとみえている。今日も午後は雨が降りそうなので大沢岳はパスして分岐から百間洞山の家へ直接降りていった。




ここのテント場は小屋から少し離れていて登ってゆく必要があるところでしかも今日は混雑予想とのことで指定制となっていた。
おまけに指定されたところにゆくと別の人が既に張っていてダブルブッキングだった。やれやれ。

・赤石まで
今日はテント場の加減で行程が荒川小屋までと楽々の予定だ。
以前来た時、百間平からみた赤石がとてもきれいでそれを楽しみに今回は逆方向から登ってゆく。百間平はハイマツが緩やかに広がるいつ来ても気持ちいいところだ。

そこをすぎてトラバース道の始まりでいったん休憩したあと赤石に向かって一気に登っていった。


6年ぶりに赤石にやってきた。目の前にはひさしぶりに望む荒川岳がそびえている。足元にある避難小屋に向かうと相変わらずの小屋番さんがいて懐かしい。小屋のそばのほこらに参ったあと富士山を望む小ピークに立ち寄った。



・荒川小屋まで
赤石から小赤石へ向かうと赤石小屋からのたくさんの人達でにぎわっていた。左下にはたおやかな尾根が広がりスキーには絶好そうだ。それが大聖寺平だった。大聖寺平までジグザグに降りてトラバース道をしばらくゆくと荒川小屋に到着。随分久しぶりの小屋だ。小屋の真下にテント場がありすぐ近くの木陰にテントを張ってこれまでの濡れものを広げて乾かした。と思うのもつかの間、恒例のように午前11時になるといきなりまた雨が降り出した。
午後は降ったり晴れたりせわしない天候だ。それでもトイレ棟付近からみる荒川の山並みは立派だった。





・千枚まで
今日は千枚を超えて二軒小屋に降りる日だ。コースも長いので早朝からスタート。






朝焼けが荒川や赤石の山並みを染めるなか気持ち良く歩を進め1時間あまりで荒川前岳に到着。これまで歩いてきた山並みと北部の懐かしい山並みをしっかりとめに刻んだ。



分岐まで戻って中岳を越えると中岳避難小屋だ。恐る恐る小屋を
覗いて人影に声をかけかけると小屋番の山中さんだった。もう10年以上も前に小河内避難小屋で一泊したとき以来でその後はたまに連絡をとった程度だったがこちらのことも覚えていただいていて懐かしい話で小一時間も過ごしていた。
再会を期して小屋をでていよいよ荒川岳に向かうが急速にガスが広がり始めた。頂上についた時には既にガスに覆われ残念だった。そそくさと頂上は後にして千枚へ向かう。 千枚は少し標高が低いのでまだガスには包まれていない。快調に歩いて誰もいない頂上でご飯をたべ最後の南アルプスの風景を堪能した。



・二軒小屋まで
千枚から二軒小屋まではまだ歩いたことのない道だ。
これまでアルプスの一般道を快調に歩いてきたがここに来て
急にこれまでとは打って変わった寂しげな道に変わった。
南嶺を歩いた時を思い起こさせるような雰囲気の道を
淡々とガスと競争しながら降りていった。
途中出会った人は二人だけの静かな道だった。
そんなこんなで11時半には懐かしい二軒小屋にことしもやって
きた。スタッフの面々も昨年と同じで、夜はゆったりとコース料理とワインで山の疲れを癒やし旅を終えた。

















 2018/8/11-16
【南アルプス 茶臼~千枚 縦走】
==============================

【第1日目】
自宅      3:30
沼平 8:00
沼平駐車場発 8:38
茶臼登山口 9:25
やれやれ峠 10:00
ウソッコ小屋 10:58
横窪沢小屋 12:30
-----------------------

【第2日目】
横窪沢小屋 4:35
茶臼小屋 6:40
茶臼往復
上河内岳肩 8:50
上河内岳往復 9:10
聖平小屋    10:30
----------------------

【第3日目】
聖平小屋 4:35
聖岳 6:40
兎岳 8:30
中盛丸山 10:00
百間洞小屋 10:45
-----------------------

【第4日目】
百間洞 5:25
赤石岳 7:30/8:00
小赤石岳 8:35
大聖寺平 9:00
荒川小屋 9:20
-----------------------

【第5日目】
荒川小屋 4:20
前岳 5:25
中岳 5:40
東岳避難小屋 5:45/6:30
千枚岳 8:22
マンノ沢頭 9:24
二軒小屋 11:25
-----------------------

【第6日目】
二軒小屋 9:15
沼平 11:30

-----------------------

2018年7月18日水曜日

180714-16 南ア・大門沢~北岳

11年振りに大門沢から北岳へ行ってきました。
以前よりも行動時間も短くなっていてまだもう少し行けると少し安心しました。

【南アルプス: 大門沢~農取~北岳~広河原】 2018-07-14 ~16

■ 7/14 奈良田~大門沢小屋

 2:30 自宅発
 7:00 奈良田駐車場 920m
 7:25 出発
 10:05 1515m峠
 10:55 大門沢小屋1720m着 (行動時間 3:30)
------------------------------------------------- 
■ 7/15 大門沢小屋~農取~北岳

 4:00 大門沢小屋1720m 出発
  6:35 稜線2810m着
  7:25 農取岳
  7:55 西農取岳
  8:30 農取小屋 8:50
 10:03 間の岳
 10:40 中白根
 11:00 北岳山荘着 (行動時間 7:00)
-------------------------------------------------
■ 7/16 北岳~広河原

 3:30 北岳山荘発
 4:25 北岳 4:55
 5:10 肩の小屋
  6:30 白根御池 6:43
  7:54 広河原バス停 (行動時間 4:25)
 8:00 バス発  8:50 奈良田着 
-------------------------------------------------



---------------------------------------------------------
<過去の記録> 2007/8 
◆1日目(2007/8/11)奈良田~大門沢小屋
 8:20 奈良田駐車場発 
 8:55 大門沢入り口 
11:45 1515m 
12:50  大門沢小屋着 (1700mh)
----------------------------------
・沿面距離 8.4km
・累積標高:登り1100m
----------------------------------

◆2日目(2007/8/12)大門沢小屋~農鳥小屋
 4:30 大門沢小屋発 (1700mh)
 8:15 稜線(大門沢下降点)着  (2820mh)
 8:42 広河内岳 
 9:50 2772m
10:35  広河内岳
11:00 稜線(大門沢下降点)帰着
12:00 農鳥岳
12:55 西農鳥岳
13:25 農鳥小屋着 (2800mh)
----------------------------------
・沿面距離11.3km
・累積標高:登り2250m、下り1150m
----------------------------------

◆3日目(2007/8/13)農鳥小屋~池山吊尾根~あるき沢橋
 5:05 農鳥小屋発  (2800mh)
 6:25 間の岳 
 7:28 中白根山 
 7:55  北岳山荘(休憩)8:25
 9:20 八本歯分岐
 9:35 北岳山頂 9:55
10:05 八本歯分岐
10:40 八本歯コル
11:15 八本歯の頭
11:45 ボーコン沢の頭
12:43 城峰
13:30 池山小屋
14:10 急坂下降点
15:20 あるき沢橋 (1250mh)
----------------------------------
・沿面距離15.7km
・累積標高:登り1300m、下り2850m
----------------------------------